素材選びと保存のコツ

  1. 2008/08/21(木) 10:59:22|
  2. 簡単料理レシピ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

素材の選び方がわからない・・・
せっかく新鮮な食材を手に入れても、使い切れず
無駄にしてしまった。はたまた、手をつけないまま、
気がついたら冷蔵庫の中で腐っていた!
なんてことはありませんか?!
素材選びと保存のコツ


とりあえず冷蔵庫に入れておけばいいだろうと
なんでもかんでも冷蔵庫に入れてはいませんか?
冷蔵庫の冷蔵室・チルド室・野菜室などを
上手に活用できていますか?
勘違いや知らなかった事で食品の寿命を縮めているかも?!
改めて確認してみてくださいね^^
素材が喜ぶ保存場所


何かと便利な冷凍保存。
腐らせて無駄にしてしまったなんてことを防げる他、
半調理して使いやすいようにしておけば、
食事の支度もスムーズに♪
冷凍保存のコツ


野菜は丸ごと買いを!
カット野菜は傷みやすいのです。
丸ごと買っても無駄にしてしまうからと、
ついついカット野菜を買ってきてはいませんか?
まるごと買って上手に保存すれば無駄はありません♪
野菜保存のコツ


空気に触れさせないことが大事!
肉は空気に触れて酸化すると痛みやすくなります。
なるべく空気に触れる面積を少なくして保存するのが
望ましいです。
肉保存のコツ


魚は肉よりも腐りやすく、痛みやすいです。
とにかく買って来たらすぐに冷蔵庫へ!
肉と同じように、チルド室やパーシャル室が適しています。
すぐに冷蔵庫へ!が大事ですが、さらに言えば、
「下処理をしてからすぐに冷蔵庫へ!」がより理想的です。
魚保存のコツ


上手に保存できていても、買った時の鮮度が悪ければ
早くダメになってしまうのはもちろんのこと、
せっかくの栄養や旨みも逃げてしまっているかもしれません。
まずは鮮度の見分け方をマスターしていきましょう。
鮮度の見分け方


ラップやホイル、保存容器など保存に便利なものが
たくさんありますね^^
それぞれの特性を知って上手に活用しましょう!
保存に便利なお助けグッズ